けんずいし

つ つ が な き や ?
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
奥田英朗『イン・ザ・プール』
直木賞作家が直木賞を獲る前のシリーズ短編集である。
医学博士・伊良部一郎と、色んなパターンで神経が病んでいる患者との物語。

?????1/4??class=

患者を「いらっしゃーい!」なーんて言って迎えるノーテンキな神経科医。どの患者も、最初のうちは伊良部に信頼を置けず、この病院で大丈夫なのか?と不安になるが、それぞれの症状を勝手にどんどんエスカレートさせていき、行くとこまで逝って落ちる。落ちるというか、結果的には伊良部に救われる形になっている。果たしてこれが治療と言えるのかは疑問だが、伊良部の常識外れな行動が実際に患者を救っているのだ。

それに、どういうわけか患者の病んでる症状を考えていくうちに「自分にもそういうトコあるよな・・・」と思えてくるから面白い。


ネタバレ含むので、以下の閲覧は読者の皆様にお任せします。


●イン・ザ・プール

健康のためにプールへ通い出すと、だんだん楽しくなってきて、最初は仕事帰りだけだったのが、朝と晩の2回も泳ぐようになり、仕事や家庭を置き去りにしていく話。
この患者は、毎日プールへ行くことを習慣づけているので、ある日、仕事が忙しくてどうしてもプールへ行けないときがあり、苛々して仕方がない様子。水泳依存症はアルコール依存症などとは違って健康にはいいのかもしれないが、落ち着かなくなるのはどの依存症も同じだろう。患者が「1日休んだら、取り戻すのに3日かかる」なんて言ってるところなんて、部活のときのコーチの口癖のようだった。

こうやって読んでたら、一時期の自分のように思えて、なんだか笑えてくる。趣味と依存症は紙一重で、あるレベルを超えてしまうと厄介だなと思った。幸い?、ボクは程々にしてるのでダイジョブ(なつもり)。ちなみに今は週に3回泳げればイイほうだ。

そんなある日、カノジョに言われた。
「そんなに毎日プールに行くなんて、プールに一体ナニが在るの?」って。なにか疑ってる感じ。職場の人に遠距離の彼氏のプールキチ具合を話したら、浮気だ浮気!なんて言われたんだろう。ボクはただ練習してるだけなのに、水泳してない人ってのは想像力が豊かで困る。迷惑でもある。

ボクが行ってる市民プールには、そんな、カノジョの職場の上司らが期待するものは何もない。カワイコチャンもいない。あ、「いない」って言いきったら、それはそれでマズイのか。方々から拳が飛んでくるな。失敬。
だいたいスポーツとしてやってるから、フツーの感覚じゃないのだ。普段から女の子の水着姿を見てるのだ。着替えた後の私服姿の方がカワイイと思うもんだ。って、だんだんシドロモドロ・・・汗。

で、短編としては他に4作品ある。
簡単に紹介していくと、
ある日、広辞苑が自分のムスコの上に落ちて悶絶して以来、何日も鎮まることがなかったという痛〜い話『勃ちっ放し』
自意識過剰な元レースクイーンのコンパニオンが、すれ違う男全員が私を見てる!私をつけ狙ってる!って被害妄想が甚だしい話『コンパニオン』
携帯電話を持ってないと手が震えてくる、携帯がないと友人との繋がりが保てない、携帯メール中毒の高校生の話『フレンズ』
責任感が強いくせに小心者なルポライターが、たばこの不始末が原因で火事になりやしないかビクビクして確認作業をもぉエエっちゅーくらいする話『いてもたっても』


男としては、特に2番目がホントに痛々しくてね〜。ナニが勃ったまま、会社の接待でゴルフしたり温泉に浸かったり・・・いやぁ笑ったなぁ。血がそこに溜まらなければいいんだと、血が頭にのぼるようなことがあればいいのだと、そう思い込むのが成功して最後には鎮まるものの、まったくなんて話なんだろ。


さて、と。

引き続き、直木賞受賞作の『空中ブランコ』を読むことにしよう。


●2005.1.30追記
りょーちの駄文と書評とアフィリエイトさんにトラックバックを。
| Book | 21:35 | comments(6) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | 21:35 | - | - |
こんばんは。はじめまして。
vacuus(うぁくぅす)と申します。
なかなか面白そうな短編集ですね。とっても読みたくなってしまいました。

>ナニが勃ったまま、会社の接待でゴルフしたり温泉に浸かったり・・・
これは、情景的にオトコにとってはかなりきついですね、かく言う僕もそれに近い(いや、ちょっと遠いかな)経験をした事があって、シンパシーを感じます。
| vacuus | 2004/09/03 10:14 PM |

vacuusさん、初めまして。コメントありがとうございます。
これ面白くて、さーーっと読めてしまうんですよ。ちょっと値段が高めだけどしょうがないですナ。

エッ?vacuusさんがこれに近い体験?・・・人に話したら羨ましがられました?(笑)。でもやっぱり痛かったんでしょうねぇ。その『勃ちっ放し』は、電車に座って読んでたんですが、その痛々しさに勝手に同情するのか(謎)、大きくはなんないけどね、なんか落ち着かなくなってくるから不思議。
これ、ベストセラーの棚にあるんだけど、女の子は読んでも痛み解らないんだろうな。

ああ、エロコメントになってしまいました。失礼!
| iMoco | 2004/09/05 12:15 AM |

iMocoさん、こんにちは。りょーちと申します。
思わず、TrackBackを(勝手に)おくっちゃいました(^^;
「空中ブランコ」もなかなかいけてました。
そーいえば、金沢にお住まいなんですねー。何回かお仕事で金沢大学に行ったことがあるのですが、金沢の町並みはやっぱりイイですねー。あと、街を歩く人々がおしゃれだったような印象もあります。
りょーちの場合は、幸いナニに激しい衝撃を受けたこともなく平穏に暮らしております(^^;
また、こっそり覗きにうかがいまーす。ではでは。
| りょーち | 2005/02/03 8:39 PM |

りょーちサン、ご訪問ありがとうございます。
地元に住んでいる者としては、外の方から改めて「いい」と言われると照れくさいもんですね。んでオシャレとなっ!・・・嬉しいすね。

ボクは『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』と立て続けに読んだので、最後の方は少しマンネリ気味に感じてしまいました。あ、映画には期待してます。

そうだそうだ、トラックバック送っていただいたんですか? うまく表示されてないので、また御面倒でなければポチッと飛ばしてくださいマシ。


 
| iMoco | 2005/02/04 12:36 PM |

【ぱんどら日記】へコメントありがとうございます。

私には強迫神経症っぽいところがあり、ついでに閉所恐怖症っぽい傾向があることに、最近になって気づきました♪

けっこう変かもしれないです、私。

こんな私のブログですが今後ともよろしくどうぞ。

| ぱんどら | 2006/03/23 12:59 PM |

こんにちわ。トラックバックを勝手に投げつけてくる輩が多いなか、コメントを残してもらえるのは嬉しいです。

ま、普通に生きてる人はブログなんてしないと思うので、みんながみんな“変”なんですよ。

ボクは、細かい粒のビーズクッション恐怖症です。
触ることが出来ません。ましてや寝るなんて、とてもとても・・・
| iMoco | 2006/03/24 12:42 PM |










http://kenzec.jugem.jp/trackback/85
奥田英朗『イン・ザ・プール』
イン・ザ・プール文芸春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、奥田英朗『イン・ザ・プール』を紹介します。本書は、患者よりも変で無邪気な精神科医伊良部一郎と変な症状で悩める患者との話である。患者よりも変わっている伊良部の言動や行動が笑える。患者も半分はあき
| itchy1976の日記 | 2005/06/02 6:39 PM |
原作ファンをも満足させた、スタッフとキャストの力◆『イン・ザ・プール』
6月10日(金)シネマスコーレにて 昨日観たテレビ版『空中ブランコ』に続き、今日は劇場版『イン・ザ・プール』を観に来た。 奥田英朗著作の小説として出版されている『イン・ザ・プール』と『空中ブランコ』の"精神科医・伊良部一郎シリーズ"全10話のうち、今回
| 日々の記録と、コラムみたいなもの | 2005/06/12 3:40 PM |
奥田英朗:「空中ブランコ」
空中ブランコ奥田英朗著出版社 文芸春秋発売日 2004.04価格  ¥ 1,300(¥ 1,238)ISBN  4163228705bk1で詳しく見る りょーち的おすすめ度: 爆笑。そして爆笑。 どーよ、奥田英朗。 本書「空中ブランコ」は「イン・ザ・プール」の続編。そう、あの男、伊
| りょーちの駄文と書評とアフィリエイト | 2005/09/12 12:21 PM |
映画のご紹介(80) イン・ザ・プール
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(80) イン・ザ・プール イン・ザ・プール 「水」って、癒されるんだねえ。 三木聡監督と言えば、「jamsession123goの2005年邦画ランキング」で堂々ベスト5にラ
| ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/01/07 9:49 PM |
「イン・ザ・プール」奥田英朗
【いらっしゃ〜い!】 伊良部総合病院の地下に追いやられている神経科の医者、伊良部一郎は、一応医学博士ということらしい・・・。 この神経科に通う、悩み多き患者たちのエピソードは、現代を生きる現代人の現代病のような持ち主ばかり。 イン・ザ・プール・
| 雑板屋 | 2006/02/17 4:46 PM |
BOOK * 『イン・ザ・プール 』
奥田 英朗 イン・ザ・プール 奥田英朗の作品では登場人物たちが息切れしている。 連作集『ララピポ』ではゼイゼイいいながら生きる人たちの日常を連鎖させ、 本作の登場人物たちはうまく呼吸できない苦しさゆえに精神科医を訪れる。 彼らを迎える
| 複数恋愛進行中 | 2006/03/22 12:03 PM |
奥田英朗【イン・ザ・プール】
なんだか体調が悪くて、総合病院へ行って、 「一度うちの神経科に行ってみませんか? ちょっと変わった先生ですが慣れればどうってことないですから」 と医者が言い、 ひきつった笑いを浮かべて 目を合わせようとしなかった としたら、「どんな先
| ぱんどら日記 | 2006/03/23 11:19 AM |
イン・ザ・プール
オススメ度:★★★★★ 注射フェチで常識が通用しない精神科の医者、伊良部とセク...
| 忍耐道blog | 2006/03/23 4:05 PM |
イン・ザ・プール<奥田英朗>−(本:2006年120冊目)−
文藝春秋 (2002/05) ASIN: 416320900X 評価:88点 「町長選挙」から「空中ブランコ」へ、そして「イン・ザ・プール」と逆行するように読んできました。 結論から言えば、どれを読んでも精神科医の伊良部はムチャクチャで面白い。彼のような行動がしたい、したく
| デコ親父はいつも減量中 | 2006/12/05 11:06 PM |
奥田英朗「イン・ザ・プール」
奥田英朗著 「イン・ザ・プール」を読む。 このフレーズにシビれた。  実際、そういう治癒例もあるんだよね。硬貨にも触れないくらいの潔癖症だった患者が、阪神大震災で被災して、夢中で毎日を送っているうちに治ってしまったとかね。地震は呼んでも来ないから、ま、
| ご本といえばblog | 2010/04/11 9:51 AM |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ BOOKMARKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ