けんずいし

つ つ が な き や ?
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
チャイコの4・5・6
こまフィル定期でチラ耳したチャイ5を、ちゃんと聴いてみようと思って買った盤。

チャイコ

古今東西いろんな指揮者によるCDがあって、初心者は悩みました。
そこで、アマゾンのレビューとか、某サイトでの評判などを参考にした結果、ムラ様つながりってことで??コレにしました。3つ入っててお得感もアリ。

レニングラード管弦楽団
指揮:エフゲニ・ムラヴィンスキー

オリジナルはジャケットの絵が傾いていて3枚組なのに対して、これは上質なSHMーCDと言うシリーズで2枚組。(ただ、5番が1−2と3−4で分離されるのは如何なものかと思いませんかねえ?)
聴く側の環境が上質ではないのでレビューしがたいのですが、思わず聞き入ってしまう演奏でした。ちょっと速めなのも好み嬉しい


ほかにも、DMMでゲルギエフとスヴェトラーノフのをレンタル。
繰り越しがたまってたので、すぐにインポートしてポストに返却♪しましたが、休みの日にでもじっくり聴き比べしたいものです。AXではスピーカがリアにしかないことと、そもそもエンジンがうるさいので、マトモに聴くことはできまへんしょんぼり

| Music | 23:59 | comments(8) | trackbacks(1) |
小松シティ・フィル 第10回定期演奏会
無事に終了しました。
たくさんの御来場に感謝!

ということで、
スタッフ目線での1日を振り返ってみます。
※この記事と次の記事は写真だらけです。

前にも書いてますが、
ボクはステマネ補助とオフショット撮影、打上の司会をさせていただきました。

まずは9時すぎに会場入り。
1年ぶりに会う方々と挨拶した後、裏方の進行表を確認して大ホールへ。


まずは、リハーサルの様子です。

ゲネプロ

ゲネプロ1

ゲネプロ3

チャイ5の後に、ステージ中央にピアノを入れる練習をしました。
祝典序曲の後に7割方暗転するので、そこで配置換えをするのですが、ある程度の動きを確認。舞台のマーキングは昨夜のうちにやってくれてたそうで、ほんと助かりました。
イスをずらしたり指揮台を移動させたりと、なかなか大変なのです。

ゲネプロ4

ゲネプロ5


こうやってるうちに昼になってしまったので、弁当を食べてスーツに着替え。

入口では、別のスタッフが、プログラムにチラシを挟む作業をしておりました。
団員のほかにも、別の団からも手伝いに来てくれて、ありがたいもんです。

ちらしはさみ

気づけば開場時刻@1時半の10分前。
入口には長蛇の?列ができておりました。
第10回って記念だからか、鶴見さん効果か、まぁ嬉しい限り。

開場前


おまけ。
舞台裏で、出番を待つコントラバス。

本番前


さて本番です。
ブザーが鳴り、いくつかある入口のドアを閉めて舞台袖で待機しました。祝典序曲は7分くらいなので、すぐにピアノ移動があるのです。
今回いちばんの大仕事は、ちょっとモタついてしまった感があって反省すべきでしたが、なんとか移動完了。鶴見さんが大きな拍手で迎えられたときにはホッとしました。

ラフマニノフの2番。

本番つるみさん

チャイコフスキーの5番。

本番

アンコールは2曲。
チャイコフスキーのアンダンテ・カンタービレと、お馴染みのラデツキー。


すべてが終わり、大きな拍手と歓声で幕を閉じました。
いろいろ動き回ってたので、落ちついて聴けたのはチャイゴの4楽章くらいのもんで、他はロクに聴けてませんが、アンケートなど見てみると、総じて評価が高かったようです。
演奏者の皆さんも、達成感としては200%くらいだったんじゃなかったでしょうか。


さて次は打上です。もう一仕事です。
| Music | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ビョーク 『ヴォルタ』
久しぶりにCDを買いますた。
Volta Bjork

ヴォルタ

このダチョウみたいなジャケットは、
大地にしっかり足をついて伸び伸び歌うわヨッ♪みたいなイメージでしょうか。
(あいかわらず個性的ダネ!つーかブッ飛んでますな〜)

すこーしだけ聴いてみたら、宗教音楽っぽかったヴェスパタイン、人間の声だけで作り上げたメダラとは全然違ったアルバムになってました。

これからじっくり聴いてみます。




そうそう。このジャケットは観音扉みたいになっててその真ん中にステッカーが貼ってあったんだけど、剥がすの緊張したよォ〜オイ。
以前、ピロートークだらけなテリージョンスンのトリビュートアルバムを買ったときに、思いっきり下手な剥がし方をしてしまったのがトラウマになっているのだ。

| Music | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
小松シティ・フィル定期演奏会07
全体

今年も小松シティ・フィルハーモニックオーケストラの定期演奏会でお手伝いをさせていただきました。
裏方準備から写真撮影、そして片づけ、なぜか花束贈呈ボーイの役まで・・・(笑)

なんだかエクシリムが調子悪く、撮影枚数が少なくてスミマセン。
何枚か、見るに堪えうるモノをアップしますので、どーぞ!

上から1

上から3

上から2

上から4

こんなとこからも撮ってみたりして。

更に上から

♪モルダウの曲の解説は好評でした。

モルダウ説明

アンコール

横から


と、演奏会は無事終了。


(・e・)
ひよこまーく


さて。

打上です。

今年も一次会は諏訪会館。
司会を務めさせていただきましたが、あんなんで良かったんだろうか。。。

各テーブルをまわって記念撮影をしました。
みなさんイイ笑顔されてます♪

打上1

打上2

打上3

打上4

打上5


そして、恒例化しつつある団長のマジックショー。全員大注目なのです。

打上おまけ


で。二次会はいつもの店。
ここで美味しく日本酒を飲みました。
(二次会はボクも結構飲んだので写真はありません)
普段話をする人達とは全然世界が違うので、とても有意義で楽しかったです。


みなさん、おつかれさまでした〜。

| Music | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
ブラニフ空想音楽
ブラニフオムニバス

今をときめく?ラスマス・フェイバーさんによるセレクト盤。
今回はオマケ付の限定盤を買わずに通常盤にしました。
コンセプトは、「ブラニフが21世紀の今もフライトしていたら、きっと機内ではこんな音楽が流れていただろう」とのこと。夢ありますな。

正直ラスマス・フェイバーさんを知らなかったワシ。
ハウスだっていうから、けっこう鬱陶しい繰り返しが多いアレか?と敬遠したものの、色々なトコでレビューを見たらチョット欲しくなってきてね。
買ってみて2か月くらい経つんだけど、主にドライブ中に聴いてますよ、これってハウスなの?ってほどポップでサンバでリズミカルでセンス抜群なんですわ。曲の繋ぎなどに入るアナウンスも楽しいです。まだまだ飽きそうにないな、これ名盤の予感だわ。

それで、イイネと思い、アマゾンギフト券があったついでに、先日もう1枚ラスマスさんのを買っちゃいました(笑)
コッチも耳に馴染む感じでね、しばらくドライブのお供となりそうです。



| Music | 12:59 | comments(3) | trackbacks(0) |
冨田ラボコンサート
秋の夜長に、最も贅沢なコンサートを楽しんだ。

tomita

昨夜11時半すぎ。
いただきものの柿を剥いて、芋焼酎ロックを用意した。無双ってやつ。
部屋の明かりを消して、アマゾンから届いた冨田ラボのコンサートDVDを早速開封して再生。

きれいなワイン色のカーテンの前にストリングスとホーン、その前に凄腕のバンドメンバー。
冨田先生はステージ中央にいて、これが主役のようで脇役のような配置。
個性あふれるヴォーカリストが代わる代わる出演し、歌ってはアッサリと去っていく。

畠山美由紀に始まり、ケミストリ、武田カオリ、高橋幸宏&大貫妙子で中休み。
後半はソウルヘッド、田中拡邦、キリンジ、サイゲンジ、リョウヘイで〆。
アンコールでハナレグミが登場し、ラストは冨田先生の歌う夜間飛行。
ゲストヴォーカリスト全員が最後まで残ってて、揃ってステージに登場したシーンは冨田教室というか冨田内閣か?という顔ぶれでした。

演奏曲は、2枚のアルバムからの曲+オマケ。
キリンジファンとして嬉しかったのは、なんといっても【乳房の勾配】 
これ、ファンの間で幻の曲って位置づけで、聴けただけでもかなり得した気分なのでした。 

いやあ、ほんと、大満足♪
ただ、あえてガッカリを探して言えば、♪しあわせのBlueは、本家のヨシカに歌ってほしかった気もするけど。。ま、仕方ないか。

| Music | 08:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
Jim Noir 『 TOWER OF LOVE 』
先日キリンジの曲ばかり集めたCDを作って、時々ドライブ中に聴いてるんだけど、迷曲『愛の衛星』もリストに入れて、♪夏のミサイル〜なんて口ずさんでたら・・・今朝ビックリのミサイル発射ニュース。
家を出るときは3発だったのに、お昼のニュースでは6発? いやはや、ひどいですね。



ま、それはさておき。

最近買ったCDはコレ。
ジム・ノワール 『タワ−・オブ・ラブ』

ジム・ノワール

ジム・ノワールはマンチェスター出身23歳のシンガーソングライター。
ジム・オルークとは関係ないみたい。ってどーでもいいか。
デビュー作にしてナカナカの名作ですよこれは。

御想像のとおり、知ったキッカケはアディダスの例のCMでした。
その曲、イ〜ニ〜ミ〜ニ〜♪ ってこの“ゆるさ”がたまんないネ。もちろん他の曲も良いですぜ。インスト含め上々。向こうの国での好評価も納得の1枚。





あと、どーでもいいことだけど、香林坊109の山地区ダヨ。
タワレコで探して結局なくて、しゃーないから山地区で久しぶりに買うかとレジに持っていったら、JCBのギフトカードだと駐車券出してくれないのね。ケチぃ!
なんでも「現金で3000円以上のお買い上げに限り〜云々」だってさ。タワレコだったら全然問題なく出してくれるぞ。
ビスカの返金率?も相変わらず低くて、他に客が流れていかないのか不思議。
| Music | 12:33 | comments(2) | trackbacks(0) |
こまフィル 第7回定期演奏会〜演奏会編〜
先日の第7回定期演奏会のスナップです。

いちおー団員なんだけど、今年も楽器をしないので、会場準備や運営の手伝いをしてました。ステマネです。
会場をウロウロしながら、エクシリムで撮ってた写真を少しアップするので、関係者の皆さんは(関係者でない方も)お楽しみ下さいませ〜。


10時。
まずはゲネプロの様子から。最終確認です。

ゲネプロ1

ゲネプロ2

ゲネプロ3


12時30分。
プログラムのチラシ挟み込み作業も終わり、会場準備が整いました。

会場入口


14時。
開演。前半はモーツァルトとメンデルスゾーン。

前半

結婚行進曲は一部しか知らなかったんだけど、写真撮りながら聴いてたら結構感動するもんだね。


14時30分。
休憩。舞台袖でリラックスする演奏者たち。
誰ですか〜?合コン企画してくださいなんて言ってるのは〜(笑)

舞台袖1

舞台袖2


14時40分。
後半スタート。ドヴォルザークの8番、略してドボハチ。名曲。

後半

後半1

後半2


15時20分。
花束贈呈。学生さんがいてくれて良かったです(謎)

花束


15時30分。
アンコール。ハンガリー舞曲とラデツキー行進曲。お馴染みの曲です。

アンコール


15時45分。
終了。おつかれさまでした〜

終了


16時00分。
片づけ。また来年デスネ!

かたつけ


ココロは既に宴会場に・・・ってことで、宴会編へ続く。


| Music | 12:59 | comments(4) | trackbacks(0) |
音速ライン 『風景描写』
ツタヤでジャケ借りした1枚。

音速ライン『風景描写』

音素クライン

これが結構良くてねえ。
最近あまり若い人の音楽を聴かなかったボクだけど、これは当たりかなと思えたヨ。売れるかもしんない。

ちょっと懐かしい感じがするんだわ。
インディーズの頃の作品とメジャーデビュー後の作品と、シングル3曲も入って12曲。なんだか他の曲も聴きたくなってきたよ。

しばらくは運転の友なのです。



ホームページありました↓
onso9line official web site


| Music | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
堀込高樹 『Home Ground』
キリンジの弟ヤスユキに続き、兄タカキもソロアルバムを発表。
ボク的には、馬の骨はシングル第一弾こそ良かったものの、アルバムは期待が大きすぎたのか不完全燃焼気味だった。こちら兄はシングルを出さずにアルバムのみの発売。試聴もせずにこの日を待ってたのダ!

それで、昼休みに出かけたときにチョチョイッとタワレコへ寄り道☆
仕事を済ませて職場までの道、コンパクトCDプレーヤーで3曲ばかり聴いてみたら、ウハー! 最初っからこんなんですかっ! 
チョットか細い感じのヴォーカルも、どこかひねくった曲も、毒のある歌詞も、タカキワールド全開! いやぁ良いわっ!
この兄弟の作品なら、ずっと買い続けることを誓うよ。

高樹ソロ

帰り道が楽しみ〜♪



ところで、トータルタイムが47分45秒ってのは偶然じゃないよな・・・
| Music | 17:00 | comments(3) | trackbacks(1) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ BOOKMARKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ